プレママの葉酸の取り方、サプリも強い味方

ビタミンB群の水溶性ビタミンである葉酸は、成人で1日摂取量240?、妊娠中や授乳中で倍量の480?となっています。しかし葉酸は排出されるビタミンなので、毎日取り続けることが必要です。アルコールの過剰摂取は葉酸不足を引き起こすので注意しましょう。アルコールの成分が葉酸が体内に吸収されるのを邪魔するからです。葉酸はホモシステインというホルモンを低下させる効果があるのですが、これが上昇してしまい動脈硬化という疾患を引き起こすことにもなりかねません。たくさん飲酒する人はしっかりと葉酸を取ることが望ましいです。では妊娠中にも取ると良いとされていますが、なぜいいのか、それは赤ちゃんの成長を助ける、胎児の神経管閉塞障害、悪性貧血・妊娠中毒症・マタニティブルーにも効果があると言われているからです。サプリメント葉酸はどのような食品に多く含まれているのでしょう。緑黄色野菜・豆類・レバー・ウナギに多く含まれています。ただレバーとウナギの肝は胎児の奇形・流産や早産のリスクを高めてしまうので注意が必要です。葉酸は過熱すると半分くらい成分が流出してしまうので、食べ物だけでは不十分と思う方は、葉酸サプリを利用してみることをお勧めします。葉酸サプリは、簡単に葉酸を取ることができるほか、鉄分やカルシウム、DHAを含むものも発売されていますので、妊娠中の方はこれから生まれるかわいいわが子の健康の為に、積極的に利用してみてもよいのではないでしょうか。

プレママの葉酸の取り方、サプリも強い味方