葉酸の働きは産後にも

妊婦妊婦が元気な赤ちゃんを望む時に妊娠初期に摂取したい栄養素に葉酸があります。胎児の先天性異常の中に二分脊椎症という病期があります。二分脊椎症などの神経管閉鎖症は、いろいろな研究がすすめられてきたのですが、その結果、ビタミンBの1種の葉酸を摂取することでそのリスクが大きく軽減されることがわかりました。厚生労働省は妊娠の可能性のある女性、妊娠が分かった女性には直ぐに葉酸の摂取をすすめています。葉酸は野菜や柑橘類やレバーなどに含まれていますが、水溶性の性質や熱にあまり強くないことから食事から、胎児の神経管閉鎖症症のリスクを減らす程度を摂ることは難しいのです。そこですすめられているのにサプリメントとして摂ることです。そのことにより効果的だといえるのは、神経管閉鎖障害のリスクが70%軽減されると言われています。妊娠初期には特に積極的に摂ることが大切だということは現在多くの人が認知しています。それは、出産をした後や、授乳をしている間も必要な栄養素になります。葉酸が不足することで、いろいろな影響がでると言われます。ホルモンバランスを整える作用があり、不足するとホルモンバランスに乱れがでるようになり、母親の身体にも、抜け毛、むくみ、産後うつなどという症状がでることもあります。出産をした後に葉酸を摂ることを忘れがちになったりしますが、母乳で赤ちゃんを育てていく時に、質の良い母乳を与えるためにも悪性貧血などから身体を守るためにも大切な働きをする葉酸です。

葉酸の働きは産後にも