葉酸とマカは妊活する人にオススメ

野菜子供が欲しい人にとって、体調を整える事はとても大事な事ですよね。特にお腹の子供を健康に育むためには、まず自分自身が健康でなくてはなりません。妊娠してからでいいや、というのでは遅いと言えます。特に女性に多い葉酸不足は体調不良だけでなく、お腹の子供の神経管閉鎖障害のリスクを高めると言われています。摂取量の目安は、1日400μg以上と言われていますが、女性の多くは不足しがちと言われています。大事な事は分かりますが、そもそも葉酸とはどのようなものなのでしょうか。妊娠中に子宮内膜を厚くし、着床率を高めたり流産リスクを低減するなど、しっかりと妊娠をサポートするために必要なものなのです。葉酸を含む食品というと、レバー、えだまめ、納豆、ブロッコリー、アスパラガス、ウナギの肝などです。このような食材を毎日食べられれば良いのですが、なかなかそうはいきません。そこで、サプリメントを摂る事で栄養を補う事ができます。妊活をしている人の中で、飲んでいるサプリメントのランキングでは常に上位にくるほど人気があります。葉酸の選び方は、推奨されている400μgが含有されているか、葉酸以外のビタミン類などの栄養が配合されているか、添加物が入っていないか、などを基準に選ぶと良いでしょう。その他、妊活に有効と言われるのはマカです。マカとは、南米ペルーで育つ植物です。ビタミン、ミネラルを多く含み必須アミノ酸が豊富です。男性だけでなく、女性の不妊にも効果的だと言われとても人気のあるサプリメントです。不妊治療には影響しないと言われていますが、それぞれの治療内容や体調によりますので医師に相談してから摂取する事をお勧めします。

葉酸とマカは妊活する人にオススメ