妊娠中の葉酸の摂取量について

妊婦35歳を超えての妊娠出産になると、高齢出産と言われますが、これには理由があるのです。年齢を重ねると女性は妊娠しにくい体になります。それはホルモンの分泌が減少していくことが原因です。その減少率は35歳を過ぎると特に目立つようにあり、不妊に悩む夫婦が増えていくのも事実としてあります。卵子の質が落ちて排卵しにくくなることや、子宮内の下院協が受精卵を成長維持していくことが難しくなっていくのです。これを改善する効果があるのが葉酸の栄養素です。葉酸は女性ホルモンの分泌を促すので、子宮壁をふかふかな状態にし、受精卵を着床維持できる環境を作り出すサポートをするのです。また、妊娠初期には胎児は脳や神経器官を作り出すとても大切な時期ですが、その時期に葉酸が不足することで神経管閉鎖障害という重い障害を持って生まれる可能性が高くなる調査結果があります。妊婦はしっかりとこの栄養素を摂る必要があります。また、母体の貧血防止にもなります。葉酸は様々な野菜や納豆などに多く含まれていrます。そういった食材を使った料理を食べることが大切ですが、葉酸サプリで摂ることもできます。サプリだと手軽で、一日に必要な摂取量を確実に摂ることが出来る良さもあります。サプリには葉酸の他、妊婦に必要な鉄やビタミンなどの成分が配合されています。妊婦が必要な葉酸の摂取量は、妊婦になる前の2倍必要です。それをしっかりと意識した生活を送ることが大切なのです。

妊娠中の葉酸の摂取量について